photo by R.M.
photo by R.M.

原田 敬子 作品演奏会

10月13日  October 13, 2017 
Third Ear Deaf II-b' for Bass Flute and Accordion (2004)
「 第3の聴こえない耳 II-b' 」(2004)
Eva Zoellner (acc), Shanna Gutierrez, (fl)
Mary B. Galvin Recital Hall, Northwestern University
70 Arts Circle Drive, Evanston, USA  エヴァンソン(シカゴ地方)、米国


10月14日    October 14, 2017  韓国伝統笛 Daegeumのためのオリジナル作品 の夕べ
Vanshing Point Study  for Daegum and String trio(2012)
「 消失点 」デグムと弦楽三重奏のための (2012)
AsianArt Ensemble   デグム独奏 : Hong YOO
@ Villa Elisabeth, Invalidenstr. 4a, Berlin-Mitte, Germany ベルリン、ドイツ

  • Entre deux - Neue Musik für Gitarre und Akkordeon

    11月15日-11月17日  ギターとアコーディオンのための現代作品の夕べ Entre-deux
    「The 5th Season 」for guitar and accordion (2008-12) 
     11月15日 19:30 @ ケムニッツ、ドイツ Chemnitz, Archiv Morgner
     11月16日 19:30 @ドレスデン、ドイツ Dresden, Blaue Fabrik, Eisenbahnstr. 1
     11月17日 19:30 @ ライプツィヒ、ドイツ Leipzig, Stadtbibliothek,
                                                                    Wilhelm-Leuschner-Platz 10/11

    演奏:シュタイメル & ミュックシュ 二重奏
  • Duo Steimel-Mücksch [Olivia Steimel (Akkordeon), Josef Mücksch (Gitarre)]


11月19日  November 19, 2017  プラド美術館 創立記念日 記念コンサート
ゴヤ「カプリチョス」のための新曲   世界初演❗️
委嘱 : Juergen Ruck + スペイン国立プラド美術館 
ユルゲン・ルック (クラシック・ギター)
@ プラド美術館   マドリッド、スペイン



12月8日  December 8, 2017 TURBULENZEN  同時代音楽祭  Radialsystem V

「The 5th Season II 」for 中国笙、韓国デグム、韓国チャンッグ、日本箏、

ヴァイオリン、ヴィオラ, チェロ, コントラバスのための(2012-13)

AsianArt Ensemble  アジアン・アート アンサンブル

@Berlin, Germany  ベルリン、ドイツ





Legend 「吉田 喜重 監督」(読売新聞 2017 9/22 夕 武田裕藝 )

CDレビュー 「F.フラグメンツ 」 Klassik.com

伝統の身体・創造の呼吸 vol.2 島唄、三線】 (調査中、喜界島 荒木の海  2017年9月) 

季刊オーケストラ 連載中です❗️

邦人作曲家シリーズです。毎回、インタビューを行いながらご紹介しています。

                        Vol. 1  間宮 芳生 さん (2017年夏号)
                        Vol. 2  北爪 道夫 さん (2017年秋号)
                        




New CD❗️ アンサンブル・モデルン演奏 Rondo Variations が収録

無料のサンプル視聴はこちら
https://www.ensemble-modern.com/en/shop/new-releases?reload=1504949946418

打楽器奏者 Rumi Ogawa 氏がプロデュース、アンサンブル・モデルン
創立25周年記念に作曲家と演奏家が集って制作した。録音はヘッセン
州立放送局スタジオ。10年の歳月の末に完成、2017年夏、遂に、
Ensemble Modern Editionよりリリース。

原田作品
Rondo Variations for b-cl, piano, 2 perc. (2006/2014)








ヒロ画廊(和歌山県橋本市)で開催中の 展覧会作家、川岸 富士男 先生と対談しました

Copy Rights ヒロ画廊 (リーフレットより)
Copy Rights ヒロ画廊 (リーフレットより)

最新情報

                

 2017-2018 初演予定の委嘱作品
 New Commissioned Compositions for 2017-2018

BAI for guitar solo  Commisioned by Prado Museum & Juergen Ruck(gt) 
委嘱 : プラド美術館 & ユルゲン・ルック(gt)
W.P. @ Prado Museum, Madrid. (November, 2017)  マドリッド、スペイン

New piece  笙、二十絃箏、グレートベース・リコーダー、ギターのための(2017)
委嘱 : 同プロジェクト &  鈴木 俊哉 (リコーダー) 
W.P. @ 東京 (2018年3月3日) 、他 ニュージーランド、オーストラリアでの海外初演

New piece for Kikaijima-original traditional Shimauta 
W.P. @ Kikai Island, Kagoshima (June, 2018)
伝統の身体・創造の呼吸 vol.2 島唄、三線】 (予定 : 中間報告発表会 in 喜界島)

New piece for Microtonal Piano solo Commissioned by Norwegien fund
委嘱 : ノルウェー 芸術財団
W.P. @ Oslo, Norway and Tokyo (2018)  オスロ ・ 東京

New Piece for Percussion solo Commisioned by Sumire Yoshihara
委嘱 : 吉原 すみれ (打楽器)
W.P. @ Tokyo (2018) 東京

.......

Henpu for chember ensemble version (Orchestra →Ensemble  2015/2018)
asked by Ensemble Modern
依頼 : アンサンブル・モデルン

New piece for Percussion Duo commissioned by Kuniko Kato
委嘱 : 加藤 訓子 (打楽器) 
W.P. @ L.A. USA  ロサンジェルス






伝統の身体・創造の呼吸  vol.2   島唄 、三線   (調査中)  photos by Keiko HARADA ©
伝統の身体・創造の呼吸 vol.2 島唄 、三線 (調査中) photos by Keiko HARADA ©

Concerts 

ドイツ国立オルデンブルク総合大学 現代音楽研究所 主催 演奏会 (オルデンブルク/独)
《同時代、私たちの音楽》
2017年5月26日
fl カリン・レヴァイン、箏  菊地奈緒子
「零刻」バスフルートと十三、十七絃箏のための(2005/12)

新しい音楽の日々フェスティバル in 2017
2017年05月19日(金)  室内楽コンサートホール、ヴュルツブルク/独 
acc: Olga Morral/gt:Ana Rocio Lama Benitez  
「The 5th Season」ギターとアコーディオンのための(08-12)  

若手芸術家のためのプロジェクト  (スペイン)
2017年04月28日(金)  20:15 Teatro El Albéitar、Viernes/スペイン 
acc: Olga Morral
「BOOK I」アコーディオンのための(10)


2017年4月7日 ドイツで先行リリース ! 4枚目の自作品集CD Midstream (WERGO社) 日本代理店 :キングインターナショナル

https://en.schott-music.com/shop/356879

↑ 作曲者による日本語解説ほかは上記リンクをご参照ください。




Keiko HARADA Portrait CD    "midstream"

参加演奏家 :
カリン・レヴァイン (Carin Levine, Bass flute) 
マイク・スヴォボダ  (Mike Svoboda, Trombone) 
ユルゲン・リュック(Juergen Ruck, Guitar) 
シュテファン・フッソング (Stefan Hussong, Accordion) 
菊地 奈緒子 (13&17 Strings Koto) 
廻 由美子 (Piano)

プロデュース : Wergo社 ロルフ・シュトール & カリン・レヴァイン
全曲レコーディング : 2016年春  @ ドイツ・ブレーメン放送局スタジオ


Thank you for your coming !!
Thank you for your coming !!

世界初演 終了しました!

3月15日  17:00開演  @ 東京 (要予約 : お手数ですがお問い合わせ下さい)
"その日、輝きは失われた" (仮題 → タイトル変更中)
弦楽五重奏とオーケストラのための(2017)  世界初演
東京音楽大学有志オーケストラ、指揮 西下航平
(原案 : 安冨 歩、片岡 祐介、新 雅史 )

2017年 
1月21日 
F.フラグメンツ  ピアノとアコーディオンのための(2012)  
Devil Fire Trantella - Devil Fire Tango (2014-16)
Armin Fuchs (pf), Stefan Hussong (acc)
( Ruegheim, ドイツ) 


2月1日  
冬のあとに… After the Winter...  クラリネット、ヴィオラ、ピアノのための (1995)
ドイツ初演❗️
国際アンサンブル・モデルン アカデミー 定期演奏会 
(Frankfurt am Main, ドイツ) 


 2月10日
F.フラグメンツ  ピアノとアコーディオンのための(2012)  
Devil Fire Trantella - Devil Fire Tango (2014-16)
Armin Fuchs (pf), Stefan Hussong (acc)
 ( Weimar , ドイツ)


2月28日
4HANDS for a Grand Piano  一台のグランドピアノのための4つの手(2010)
桐朋学園大学大学院 (富山キャンパス)













 終了❗️
 ISCM台湾現代音楽協会、忠信高等学校、ドイツ文化センター、臺日協会ほか多くの方々の支援で
無事終了しました。

2016年11月28日〜 12月6日 in  台湾
ISCM 台湾支部 「臺北 国際現代音楽節」招聘
台湾での初個展(室内楽作品)、新作ダンスプロジェクト with Taipei Dance Circle 、2つのレクチャー、シンポジウムに出演、個展では指揮者として台湾、日本、ドイツの音楽家とのコラボレーションを行います。

台北 個展プログラム (12月3日)

Devil Fire T.T.T. (Tarantella,Tambour and Tango) for acc. and pf  (2016) 世界初演❗️W.P.

Structured Improviation  extract for Contrabass Fl, Perc, Acc, Prep-Pf (2005)

Nach Bach extract for piano (2004-05) Taiwan Premiere

4 Hands I-III for a Grand piano (2010)  Taiwan Premiere 

midstream for Saxophone and Acc (1997)  saxophone version 世界初演 ❗️W.P

……………

その他 in 台湾    (助成 : 日本台湾 国際文化交流財団、ドイツ文化センター台北、

                        主催 : ISCM台湾支部「臺北国際現代音楽節2016」


11/30  14:00 @ 忠信学校 Auditorium 新竹市

         「芸術、その道なき道を行くこと」原田 敬子 (講話とインタビュー) 


12/2    19:30-21:30 @ 新竹市 舞台芸術センターホール

           楽曲 「F. フラグメンツ」x Taipei Dance Circle ダンス新作 世界初演 ‼️ 

                  (生演奏)  Stefan Hussong (acc), 廻 由美子(pf)


12/3    10:30a.m. @Forum Music Auditorium (十方樂集) 台北市

                            音楽祭テーマ作曲家「原田 敬子 自作を語る」


            19:30        原田 敬子 室内楽個展 (指揮、一部演奏で出演、曲目は上記参照)


12/5    台湾 x 日本  文化交流DAY 

......................




世界のウチナーンチュ大会 最終日 Eisa EXPO 2016 に特別出演 in 那覇

(上記写真 : 世界のウチナーンチュ大会最終日 EISA EXPO 出演後  平田大一さん、JOUさんと
2016.10.30那覇 武道館アリーナ)





世界初演情報

2017年に延期となりました❗️

11月25日 (金) スペイン 【プラド美術館】

フランシス・デ = ゴヤのカプリチョスのための (2016)

ユルゲン・ルック  ギター リサイタル


南西ドイツ新聞 批評 「F.フラグメンツ」ほか

レコーディング風景 4月4日
2016年 終了した演奏会

6月15日 (水) 20:00   ソウル 【韓国初演】

The 5th Season for Sheng, Daegum, Changgu, 13&17 Japanese Koto, 

 vn,va, vc, cb (2013)   

AsianArt Ensemble (ベルリン)



515(日) 18:00  東京

「Structured Improvisations XV‐a~c」for vocal ensemble & conductor(2015)

混声合唱団 空(くう) 第8回演奏会  @JTアートホールアフィニス



4月13日 (水) 19:30 ワイマール
零刻 バスフルートと十七絃筝のための( 2008 )
【ワイマール 春のフェスティバル】
  カリン・レヴァイン(fl), 菊地 奈緒子(筝)
 @ MON AMI , ワイマール(独)


4月2日 〜 4月10日  @ドイツ・ブレーメン放送局
4枚目の自作品集CD レコーディング (WERGO)

6月15日 (水) 20:00   ソウル 【韓国初演】

The 5th Season for Sheng, Daegum, Changgu, 13&17 Japanese Koto, 

 vn,va, vc, cb (2013)   

AsianArt Ensemble (ベルリン)



515(日) 18:00  東京

「Structured Improvisations XV‐a~c」for vocal ensemble & conductor(2015)

混声合唱団 空(くう) 第8回演奏会  @JTアートホールアフィニス



4月13日 (水) 19:30 ワイマール
零刻 バスフルートと十七絃筝のための( 2008 )
【ワイマール 春のフェスティバル】
  カリン・レヴァイン(fl), 菊地 奈緒子(筝)
 @ MON AMI , ワイマール(独)


4月2日 〜 4月10日  @ドイツ・ブレーメン放送局
4枚目の自作品集CD レコーディング (WERGO)

「未来への継承」鹿児島の薩摩琵琶との魂の交信 レトロフトblog

コンサート 2016〜





2016年3月29日(火) 20時開演  
@コンツェルトハウス・ベルリン(独)

消失点 IIIb   デグムと弦楽三重奏のための(2012)
focused XIII - Raue Farben
演奏 : アジアンアート・アンサンブル定期公演
韓国デグム: Hong YOO   指揮 : II-Ryun Chung



2016年3月30日 (水) 20時開演
音楽祭「無境界線」Trossingen トロッシンゲン(独)  

F. フラグメンツ(2012) 全曲
Devil Fire Tango 火の悪魔のタンゴ (2014)
Devil Fire Tarantella 火の悪魔のタランテラ(2016) 世界初演
演奏 :  Armin Fuchs アーミン・フックス(pf)
           Stefan Hussong  シュテファン・フッソング (acc) 

片山杜秀 氏によるコラム 原田 敬子 個展 10月27日(火)サントリーホール

タワーレコード季刊誌 掲載 (web 版)


原田敬子 個展 批評など

サントリー芸術財団「作曲家の個展 2015」ぶらあぼ 記事


サントリー芸術財団「作曲家の個展2015」  読売新聞 批評 
http://www.yomiuri.co.jp/culture/classic/clnews/01/20151110-OYT8T50149.html



サントリー芸術財団「作曲家の個展2015」Mercure des Arts 批評
http://mercuredesarts.com/2015/11/06/作曲家の個展2015-原田敬子|藤原聡/



サントリー芸術財団「作曲家の個展2015」   平井 洋 の音楽現場通信 
http://yohirai.blog.jp/archives/46463465.html



サントリー芸術財団「作曲家の個展2015」で演奏された作品の楽譜の取り扱い情報
(株)全音出版社






サントリー芸術財団 主催  【作曲家の個展2015】

オーケストラ作品ばかり4作品、うち2作品が世界初演となります。
ぜひお聴きください!

プレスリリース &  詳細  

10月27日(火) 18:20 プレ・コンサート トーク (聞き手 : 高橋 健太郎、廻 由美子)
                      19:00 開演

出演 : アンサンブル・モデルン x  桐朋学園オーケストラ + ソリスト
指揮 : 中川 賢一





NHK FM「現代の音楽」放送 2016年1月17日(日) & 24日(日)

 NHK FM 放送 「現代の音楽」西村 朗  x 原田 敬子 (お話)  
1月24日(日) 08:10~09:00 「作曲家の個展2015」より第2回
演奏 : アンサンブル・モデルン+桐朋学園オーケストラ
指揮 : 中川 賢一  
「響き合う隔たり III 」ソリストとオーケストラのための(2000-01)
ソリスト: 加藤 訓子(カリンバ他)、稲垣聡(prep Pf)、
シュテファン・フッソング(acc)、ウエリ・ヴィゲット(hp)

「変風」 オーケストラのための(2015) 世界初演

photo : 烏賀陽弘道 氏 @桐朋学園大学仙川キャンパス





NHK FM 放送 「現代の音楽」西村 朗  x 原田 敬子 (お話)  
2016年1月17日(日) 08:10~09:00  第1回 
ピアノ協奏曲 (2013-15)  

演奏 : アンサンブル・モデルン & 桐朋学園オーケストラ
指揮 : 中川 賢一     ピアノ独奏 : 廻 由美子
サントリー芸術財団「作曲家の個展」ライヴ録音
(2015年10月27日  世界初演)

photo : 烏賀陽 弘道 氏 @ 桐朋学園大学仙川キャンパス















【 12月 】
12/15
<ヴュルツブルク同時代音楽研究所【新しい音楽の日々】定期公演>
「Triple Cadence Ⅲ」for accordion & chamber ensemble (07)
solo-acc:Marko Sevalic/指揮:Robert HP Platz/演奏:Ensemble Tage der Neue Musik Wuerzburg
【 11月 】
11/9
東京音楽大学 J館スタジオ
<DAAD ドイツ学術交流会 「創造と発信」プロジェクト>
「The 5th Season I 」for gt & acc(08-12)
gt:山田唯雄/acc:Nikola Kerkez
11/11
東京音楽大学 A100
<DAAD ドイツ学術交流会 「創造と発信」プロジェクト>
[BONE +] for accordion(99)
acc:Stefano Di Loreto
11/24
19:00 桐朋学園大学 調布キャンパス210
<阿部 大樹 第2回 ピアノ・リサイタル(大学院リサイタル)>
1台のグランドピアノのための「4つの手」(10)
pf:阿部大樹、蒲原光

11/28
マックス・リーファー打楽器ソロリサイタル
「フォネティカ」(2012/2014)
@ クアラルンプール芸術センター (マレーシア)
http://www.maxriefer.de/1_1_4.html 


【10月】その他
10/11
独 / ブレーメン
<Carin Levine & 菊地奈緒子デュオリサイタル>
「零刻 b」バスフルートと十三&十七絃筝のための(05/08)
fl:Carin Levine/箏:菊地奈緒子




サントリー芸術財団 作曲家の個展 約1000人の皆様にご来聴頂きました。有難うございました。

サントリー芸術財団 作曲家の個展2015
サントリー芸術財団 作曲家の個展2015
クラシックニュース.COM インタビュー
動画 (左の写真をクリック!)



伝統の未来・創造の呼吸 ~薩摩琵琶とともに~ (南日本新聞) 批評

伝統の身体・創造の呼吸 (vol.1 鹿児島) 〜薩摩琵琶とともに〜

日本特有の美意識、表現の源泉は何かを探る原田の新たな試みが始まります。
第一回目は鹿児島の薩摩琵琶。「音楽にあらず。芸術にあらず。」約500年の
武士の伝統を今に伝える、鹿児島の薩摩琵琶の魂との交信。

原田敬子の世界初演曲、「F.フラグメンツ」、「NACH BACH」、「火の悪魔のタンゴ」、
平家物語より「小敦盛」、J.S. バッハ「オルガンのためのコラール」
トーク (聞き手 : 陶山 賢治)

10月29日(木) 18:30開演  鹿児島MBCメディアホール

出演: JOU(コンテンポラリー・ダンス)
         原田 敬子 (作曲、構成、演奏)
         廻 由美子 (プリペアド・ピアノ)
         シュテファン・フッソング(クラシック・アコーディオン)
         上川路 直光 (薩摩琵琶)


2015年10月18日  日本経済新聞(九州版)に紹介されました。

2015年 春 最新情報

5月の演奏会
6日  「F. フラグメンツ」アコーディオンとピアノのための(2012) ドイツ初演
        「火の悪魔のタンゴ」 同上(2014) ドイツ初演
        「NACH BACH 」より 4曲抜粋  ピアノ独奏のための(2004)
          第52 回クリンゲンタール国際アコーディオン・ コンクール 審査員による演奏会
          シュテファン・ フッソング(acc) 、廻 由美子(pf)
          (Klingenthal,ドイツ)


19日
「消失点 III-b」デグムと弦楽三重奏のための  (2008/13) 
AKB シリーズ  〜Unehoerte Musik〜
Hong YOO(daegum), Asian Art Ensemble, II-Ryun Chung (cond)
(Berlin, ドイツ)
最新
3枚目の自作品集CD 【F.フラグメンツ】は
2014年、ドイツWergo社と  キングンターナショナル
(日本語盤)によりリリースされ、
2014年度 日本アカデミー賞にノミネートされました

   演奏: 廻 由美子 (pf)、シュテファン・フッソング(acc) 
   プロデューサー: ロルフ・シュトール (Wergo) 
   CDライナーノート: 安冨 歩       対談 : 原田敬子 + 廻 由美子 + Stefan Hussong  
   独語訳 : WERGO 
   英訳 : Jeff  Clerk (CD liner note and all program notes) , HueyChing Chong (conversation) 
  
    WERGO  HP  
 
CDライナーノートを、『原発危機と「東大話法」』
安冨 歩 氏 (東京大学 東洋文化研究所教授)
に執筆頂いています。日本語版はこちら
Download
F.フラグメンツ Wergo CD ライナーノート 安冨 歩.pdf
Adobe Acrobat Document 262.9 KB
 
対談(原田敬子 X 廻 由美子X シュテファン・フッソング)
日本語版はこちら
2/6
独 / 19:30 Großer Saal, Akademie für Tonkunst、ダルムシュタット
<新しい音楽の日々>
「Schema」リコ-ダーと箏たのめの
rec:Johannes Fischer/箏:Naoko Kikuchi 詳細はこちらをご覧下さい
2/19
独 / 19:30  Balmoral城、Bad Ems
<新しい音>
「BONE++」バス・フルートのための
fl:Carin Levine
 詳細はこちらをご覧下さい
1/26
米 / 20:00 Juilliard’s Peter Jay Sharp Theater,NY
<FOCUS! 2015 Nippon Gendai Ongaku:Japanese Music Since 1945>
「第3の聴こえない耳 I」
演奏:New Juilliard Ensemble
12/23
14:30  JTアートホールアフィニス
<女声合唱団暁第7回演奏会>
「I-ro-ha」for Female voices andHarp(13)
指揮:西川竜太/hp:篠﨑史子/合唱:女声合唱団暁
【 11月 】
11/1
スイス / 20:00 Museum Tinguely, Basel
<Yamanote – Ein Klang-Stadt-Plan>
「フォネティカ」パーカッション・ソロのため
perc:Max Riefer  詳細はこちらをご覧下さい
11/4
独 / 19:30 Mia-Munster-Haus,St.Wendel
<Max Riefer Solo・Recital>
「フォネティカ」パーカッション・ソロのための
perc:Max Riefer   詳細はこちらをご覧下さい
11/8
スイス / 20:00 Gare du Nord、バーゼル
<Yamanote – Ein Klang-Stadt-Plan>
「Henpu (変風)」for flute, saxophone, percussion and piano(世界初演/14)
fl:Maruta Staravoitava/sax:Patrick Stadler/pf:Clemens Hund-Göschel/perc:Max Riefer
 詳細はこちらをご覧下さい
11/9
独 / 11:00 BBK-Galerie、ヴュルツブルク
「零刻 c」(バスフルートと筝のための/ 06)
fl:カリン・レヴァイン/箏:菊地奈緒子   詳細はこちらをご覧下さい
11/10
独 / 20:00  Orgelsaal at Music College in Bad Koenigshofen
「零刻 c」(バスフルートと筝のための/ 08)
fl:カリン・レヴァイン/箏:菊地奈緒子   詳細はこちらをご覧下さい
11/21
台湾 / 19:30 新竹市
<コンテンポラリーダンスカンパニー光環舞集30周年記念 & 劉紹爐 演出遺作《舞輪脈》>
「第3の聴こえない耳Ⅳ」(独奏フルート&室内アンサンブル/04)、「BONE」(ピアノのための/98) 他が、「舞輪脈」で用いられている

2014年10月2日(木)

 

音楽の現在と未来を作る人、奏でる人、
考える人が、見る人、聞く人と一緒に体験する一夜の冒険。
~原田敬子CD『F.フラグメンツ』(ドイツ Wergo & キングレコード)発売記念 ~

【出席者】
モデレーター 烏賀陽弘道(ジャーナリスト、フォトグラファー)
ゲスト 相倉久人(評論家)
【出演者】
原田 敬子(作曲家)、廻 由美子(ピアノ他)、
シュテファン・フッソング(アコーディオン)
【賛助出演】
毛利 良平 (ピアノ)

開場19:00 開演19:30
全席自由 ご予約/当日¥2,500 (税込み ドリンク別)
※定員:限定50名様
※『F.フラグメンツ』CD付き

メールでの予約はこちらまで、lastwaltz@shiosai.com

詳細

 

 
 
最新コンサート情報
 
2014年9月14日 ヨーロッパ初演
Vanishing Point Study III b】 for Daegum & String trio (2013)

消失点 III b】  デグムと弦楽三重奏のための (2013)

@ Dahlem Museum (ベルリン、独)
演奏:Asianart Ensemble, Hong Yoo (Daegum)
 
2014年10月17日
Vanishing Point Study III b】 for Daegum & String trio (2013)
消失点 III b】  デグムと弦楽三重奏のための (2013)
Focused XI  Taoismus > 
@ コンツェルト・ハウス(ベルリン、独)
演奏:Asianart Ensemble, Hong Yoo (Daegum)
 
最新
2014年11月8日‐9日 バーゼル(スイス)芸術祭
Culturescapes 【日本=スイス150周年】で、
世界初演予定(サキソフォン、フルート、打楽器、ピアノのための)
 
Download
F.フラグメンツ Wergo CD 対談.pdf
Adobe Acrobat Document 211.6 KB
最新記事
打楽器ソロ作品 フォネティカ(2012/13) について
 
 
---------------
6月9日~19日
ラバリンス VI   クラリネットと打楽器のための(1996/2008 revised) 】
IEMA 国際アンサンブル・モデルン・アカデミー
2014.5/25-28  ラティーナ国際音楽祭【Le Forme del Suono 響きのかたち】(イタリア)

6月6日

アンサンブル・モデルン創立30周年記念CD レコーディング
【 ロンド・ヴァリエーションズ (2006 世界初演版) for B-cl, 2 Perc, Pf 】
@ヘッセン州ラジオ放送局(フランクフルト市、ドイツ)

 

最新版がリリースされました (Digital 版はリンクをクリック)

1834年創刊 NZM「新音楽時報  日本特集号」に執筆記事が
掲載されました(ドイツ語)。
日本語訳は間もなく、この Keiko Harada HP に公開します。

「~音楽芸術と創造性~  その曖昧なる定義、今日の日本」

 

6月22日

【F. フラグメンツ  ピアノとアコーディオンのための (2012)  】
@Deventer, Schouwburg, オランダ初演
pf アーミン・フックス、acc シュテファン・フッソング

 



ギャラリー がアップデートされました。
世俗日本歌曲シリーズ【 サリエリの歌】(世界初演)、【同じ道】(新ヴァージョン初演)
ほか、2月25日のライヴの模様が、烏賀陽弘道 氏(うがや・ひろみち氏   ジャーナリスト)
の写真でご覧頂けます。


2014年


2014年4月28日 20時 @ソウル・アートセンター
韓国初演
【一台のグランド・ピアノのための 4つの手】(2010)
2014 ACL韓国 フェスティヴァル  招待作曲家・招待作品
          

2014年4月30日 @ソウル・アートセンター
〈 自作を語る  ~ 演奏家の演奏に際する内的状況、その無限の可能性~〉
 
【 ikis  ヴァイオリンとピアノのための(2007)】
2014 ACL韓国 フェスティヴァル  招待作曲家・招待作品
 
 
Download
ACL Festival.pdf
Adobe Acrobat Document 2.2 MB
 
5月28日
<イタリア・ラッティーナ国際音楽祭> 招待作曲家
「F.フラグメンツ」(2012) ほか